通いたくなる個別塾

綱島で人気の塾なら湘ゼミ(学習塾・進学塾)湘南ゼミナール 個別指導コース 綱島教室

先生からのメッセージ

【コラム】私立中3生が今すべきこと

2018.12.15

今回は私立中学校にお通いの方向けの記事です(公立の方すみません、、、)

私立中3生が今すべきことは、「学習習慣定着」と「現実」を先延ばしにしないこと。

今日はその特徴を公立の方と比較してお伝えします。

<サマリー>

・大学受験ではライバル、入学後は友達になる

・思ったよりもハードな生活をし、学習にも力入れてる

・コツコツとやっていれば、大学受験で有利になる。

私立中学校にお通いの方は、なかなか公立中学校とかかわる機会はほとんどないのではないでしょうか?私の親友は、私立中学校でしたが、大学での興味範囲が似ており、再会しました。公立私立分け隔てなく、大学は生徒を受け入れます。大学受験では、ライバルなる存在ですので、少し公立のお子様の姿も見ておきましょう。

神奈川県公立高校入試では中2生の学年末の学校成績から評価されます。つまり、中2の最初のテストからです。中2の最初で力を出すためには、中1の間に苦手分野や科目を減らす必要があります。当塾にも中1生は多数在籍しております。部活との両立が大変なケースも多いです。現在は部活は、週に2日はお休みするルールと今年より仕組み化されましたが、夏は帰宅が連日19時を過ぎることが当たり前という子もいます。家に帰り、急いでシャワーを浴びて、ご飯を食べ、塾に通い、朝練のために帰宅して寝るといった生活です。部活が終了した3年生は、1日二桁時間の学習をする子も出てきます。

これを見たときに「うちの子もこれくらい頑張ってます!」という方はお気を悪くされたかもしれません。しかし、目先の高校受験がないと学習に身が入らない方をよく聞きます。コツコツ学習していると本来有利であることには間違いありません。受験を意識せずに、早めから高校内容に入り、時間をかけて受験まで迎えられます。例えば数Ⅲは内容も濃く、どうしても公立高校の場合は、完璧に終了させるのは至難の業とのことですが、私立の場合はしっかり終わらせるようです。でも、そのスピードにしっかりついていくことが大変重要なことです。学年が若いときから、しっかり学校のテストで点数を取ることがとても重要です。逆に、学習していないと、公立の方よりも学習時間も質も内容も目標もやる気も劣ることはあります。そして、一番怖いのは、「大学受験までは、あと○年あるから今はいいか、、、」です。高校受験の方は、進学の関係上、受験勉強で学力を上げきるという作業を行います。もちろん、小受や中受をされてる方は、学力を上げているわけですから、幼いころにその作業をしています。しかし学年が上がっても受験フィルターが働かないので、底がどんどん深くなる可能性があります。

現実を先延ばしにしない!お手伝いできることがありましたら、お声掛けください!

冬期講習についてはこちら

最新の記事一覧

ご相談受付中!

時間割・カリキュラムや費用についてなど、何でもお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせはこちら
045-543-6010 湘南ゼミナール 個別指導コース 綱島教室
(受付時間 14:00~21:00)